ポイントサイトとアフィリエイトで家にいながらお小遣いを狙った初心者主婦の備忘録

ママのお小遣い大作戦☆

出産

40週 とうとう出産!陣痛~出産まで 初めまして赤ちゃん

更新日:

とうとうこの日が来てしまいました。

いざ、出産!

私の中では人生一番の大仕事ですよ。

しゅっさんえぴそーど

なんか、漢字にすると重苦しいのでひらがなにしてみました。なんとなく。

前回は上の子とばあばで家で留守番してもらうというところまで書きました。

平日だったんですけど、上の子が結膜炎中で幼稚園お休みする予定だったからちょうどよかったかも。

 

さて、私は内診をしてから陣痛室へ行きました。

うちの病院は処置室みたいな感じで殺風景なので一人でいるのは心細かったです。

基本的に本格的な陣痛にならないと助産師さんはず~っとは一緒にいてくれません。

立ち会いじゃない場合はほぼ一人で痛みに耐えるみたいな感じですね。

よく立ち会いは嫌だっていう人もいるんですけど、私は心細くて一人は無理でした。

10代の頃から一緒にいる旦那なので(結婚は20後半)何見られてもなんも恥ずかしくなく、むしろ私の勇姿をずっと見てろ!!!敬え!!!てな気持ちだったので立ち会いは絶対でした。

二人目ということで展開が早いんですが、点滴ぶら下がったままトイレに行くなど落ち着いていました。

陣痛が始まってから3時間後ぐらいからピークになってきて、NST見ながら旦那が「陣痛来るよ!」って言われるのが恐怖でした。

だってさ、痛いんだもん。痛いとかじゃないよね、このまま殺してくれ!!って感じ。生き地獄。じわじわ拷問受けてる感じ。

そうそう、一人目では出来なかったけど大きく深呼吸すれば痛み和らいだ!落ち着いて深呼吸するのって大事なんだなあって思った。

でも、そんなの気休め程度なのでやっぱり耐えるしかないよね~。ベッドの柵をギューギューつかんで耐えてやっと分娩室!

よく分娩はそこまでって言う人もいるんですけど、私は分娩も十分痛いし苦しかったですよ。(怒)

途中、のどが渇いたのでストロー付きの飲み物を買ってきてもらおうと旦那に頼んだら、ストロー付きのは撤去されていたとのこと。

代わりに買ってきたのが何とデカビタC!!!まさかの炭酸!

何考えてんだよ!!!!痛い上に炭酸なんか飲んだらゲップ止まらんわ!!!でも私は優しいので笑ったげました。痛いんだけど我慢強いので、しかも一生懸命悩んで買ってきてくれたことにはなんも言いません。

普段だったらデカビタ大好きなので喜びますけどね。

で、水がいいということで水を改めて買ってきてもらいました。世の奥さんは旦那さんに買い物を頼むときは第三希望ぐらいまで商品名を言うのがいいと思います。第三希望までというのはなかったときの代替品もとんちんかんなときがあるもんね~。

的確な指示じゃないと察してちょ♪じゃ無理なんだと改めて気づかされました。

そう言えば、どこで破水したか忘れちゃった。分娩室だったかな。破水するともう本格的に激痛ですよ。この痛みってどう伝えればいいんだろう。とりあえず、普通に何事もなかった人だったら体中が激痛で殺して!殺して!って言いたくなるぐらいかな。(笑)

ま、お腹に子供がいるからそんなんでも不思議と耐えられるんですけどね。

とにかく私は上の子の最後の姿が脳裏に焼き付いてそればっか考えて、痛み二の次だったかも。(結膜炎で目がぐちゅぐちゅだった)

正直なところ、こんなとき旦那は何も出来ないので見てるだけって感じです。それでいいんです。この状況を脳に刻んで敬えばいい。(笑)

終わってからのすげえなお前は!ありがとう!とその一言でいいよ。最中は何もしなくていいんすよ。

見ちゃってレスになるっていうけど、股の方見せてくれないから大丈夫だと思うけどなー。赤ちゃんはグロいけどそれさえ平気なら。(青紫色)

私は股にでっかい静脈瘤があったため、破裂しないように助産師さんがずっと抑えててくれました。(破裂すると大出血)

元々、妊婦検診のときにはあまりにも静脈瘤が大きすぎるので帝王切開かって言われてたんですけど、院長先生が大丈夫っしょーみたいな感じで普通分娩が決行されました。死ぬこたあないみたいな。(恐)

途中いきんでる途中に助産師さんがいなくなろうとするからどこいくのよ!!そばにいて!ってすごい思いました。助産師さん心強い。

二人いたんですけど、もう一人の助産師さんの手を思いっきり握ってしまって力強く握ってくれたのも助かった。

最後の方、呼吸が乱れてきて旦那が酸素マスクやってくれました。もうなんか目がうつろで昇天するかと思ったよ。

今回は二人目ということでま~するりん♪と産まれてきましたよ。3回ぐらいいきんだら産まれた~。

もう出るよって言われたときにうほーーーい☆って感じでした。最後思いっきりいきんじゃダメなんですけど加減がわからない。

出る前に助産師さんが先生呼ぶんですけど先生間に合わず…。「あ、出ちゃった?」って言ってました。

なんと会陰切開しないでいけました。うそじゃろ~。

産まれたときはね感動なんてしないよ!心の声は「おわたよ~!おわたよ~!飯食い放題だよ~!妊娠と出産おわたよ~!痛くないよ~!やった~!」ってな感じですね。

感動は後からじわじわと湧いてきます。そんな私をよそに旦那は泣いていたそうです。二人目も~。いい旦那ですねえ。

赤ちゃんはすぐに検査ということで連れてかれるんですけど、向こう言っても泣き声でかくてうるせえ!って感じでした。でかかったんです。

やっぱり今回も3000越えでした。でかいね~ん。痛いね~ん。でも、産むとぴたっと痛みはどこへやらって感じでなくなります。痛かったはずなのにどうやって痛かったっけ?って私の場合、すぐに忘れました。

私はというと先生に診てもらい「裂けてないよ!」って言われて少し嬉しくなった。てことで、先生はすぐにどこかへ。(やることないから)

しゅっさんごのあとしょり(あとざん)

漢字にするとなんか…(二回目)

胎盤が残っているということでお腹を思い切り押される。いてええええ!!!胎盤がどぅるん♪って出てきて見せてくれた。でっかいレバーです。

よくこんなところに入ってたわね~っていう。

そして、じわじわとあとざんによる痛みが!二人目はすごい痛いって言われるんですけど、なるほどすごい痛い。すごい激しい生理痛です。一人目の時は全然痛くなかったのに二人目のときは産んでからもしばらく痛かったです。ロキソニンないと無理でした。

結構出血していたようで点滴しながら分娩室で2時間ぐらい横になっていました。その間に朝ご飯が運ばれてきたので痛いにも関わらず食い意地の張った私は全部平らげました。

病室に行くと旦那が既にくつろいでて、上の子のこともあるから面会時間まで帰っていいよ~って帰ってもらいました。

私は疲れたのでお昼ごはんまで仮眠をとってました。

二人目出産所要時間は4時間ぐらいです。はやっ!一人目は7時間ぐらいだったのでやっぱ約半分ですね。

まとめ

感情を書くのが苦手なのでもしかしたら全く伝わらないかもしれないですね。(^^;)

私は叫ばず痛みを内に秘めて我慢するタイプ。というか、叫ぶ元気すらなかったってのが本音。

出産間近の妊婦さん耐えて、耐えて、耐えまくってくださいね。

長々とお付き合いありがとうございました。

-出産

Copyright© ママのお小遣い大作戦☆ , 2019 All Rights Reserved.